Najpopularniejsze w japońskiej Wikipedii w listopadzie 2019 roku

WikiRank.net
wer. 1.04
# Zmiany Nazwa Popularność
1+1399沢尻エリカ
2+11457伊藤綾子
3+1039二宮和也
4+50993滝口幸広
5-4鬼滅の刃
6+5063ク・ハラ
7+12173ブラックフライデー (買い物)
8+26884木内みどり
9+818麒麟がくる
10+1256井上尚弥
11+16374高城剛
12+77998清野とおる
13+15PSYCHO-PASS
14+3512KARA
15+2132川口春奈
16+7Official髭男dism
17+23532メチレンジオキシメタンフェタミン
18+4151田代まさし
19+9194菊池桃子
20+843DEATH STRANDING
21+2398中曽根康弘
22+38King Gnu
23+154新田真剣佑
24+695武内駿輔
25+182ファーストサマーウイカ
26+558ターミネーター:ニュー・フェイト
27+47りんごちゃん (ものまねタレント)
28+4186ノニト・ドネア
29+1761ターミネーター2
30+4319教皇
31-25首里城
32-24BiSH
33+125田中みな実
34+465周東佑京
35+1624ターミネーター (映画)
36+113グランメゾン東京
370同期のサクラ
38+140嵐 (グループ)
39+9647アンタッチャブル (お笑いコンビ)
40+4512松下洸平
41+1757アナと雪の女王
42+17ソードアート・オンライン
43+46733國母和宏
44-13スカーレット (テレビドラマ)
45+287コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
46+1787WBSCプレミア12
47-45結婚できない男
48+858眞栄田郷敦
49+236椎名林檎
50+66635桜を見る会
51+30山口組
52-13ドクターX〜外科医・大門未知子〜
53+67パプリカ (曲)
54+38613フランケンシュタインの怪物
55+1319濱田美栄
56-21令和元年東日本台風
57+144おしん
58+7457フランシスコ (ローマ教皇)
59+9975ヘルタースケルター (漫画)
60+1241ボクシング現王者一覧
61-14木下優樹菜
62+6393フランケンシュタイン
63+1175シャイニング (映画)
64+975千葉真一
65+9662イモトアヤコ
66+36性行為
67+61炎炎ノ消防隊
68+46皇后雅子
69+4387トップコート
70-12ニッポンノワール-刑事Yの反乱-
71+34白石麻衣
72+3482新庄剛志
73+1741片瀬那奈
74+872大嘗祭
75+487おっさんずラブ
76+2199林志玲
77-28ソルリ
78+82160西川哲
79+6423濃姫
80+1553田畑政治
81+88ソードアート・オンラインの登場人物
82-40松本まりか
83-11Dr.STONE
84+7313柴田英嗣
85+4194知英
86+2297桜庭ななみ
87+4605エドワード・ファーロング
88+3504アナと雪の女王2
89+3389リンダ・ハミルトン
90-26徳仁
91+17日本
92+66799大澤昇平
93+3493壇蜜
94+66492019 WBSCプレミア12
95-11新木優子
96+34米津玄師
97+97この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる
98+10464ジェニーハイ
99-28ディーン・フジオカ
100+1242山本由伸
1-100 | 101-200 | 201-300 > >>

WikiRank

Projekt jest przeznaczony do automatycznej względnej oceny artykułów w różnych wersjach językowych Wikipedii. Obecnie WikiRank pozwala porównywać ponad 42 mln artykułów Wikipedii w 55 językach. Wskaźniki jakości artykułu są oparte na kopii zapasowej Wikipedia (stan na kwiecień 2022). Przy obliczaniu popularności uwzględniono statystyki artykułów za ostatni badany miesiąc (marzec 2022 roku). Dla wartości historycznych popularności oraz ZA zostały wykorzystane dane z lat 2001-2022... Więcej informacji

Template by Colorlib