Najpopularniejsze w japońskiej Wikipedii w marcu 2017 roku

WikiRank.net
wer. 1.01
# Zmiany Nazwa Popularność
1+83安倍昭恵
2+15学校法人森友学園
3+2415渡瀬恒彦
4+6けものフレンズ
5+49稲田朋美
6+3648菅野完
7+6白石麻衣
8+457ワールド・ベースボール・クラシック
9+13283かまやつひろし
10+19機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
11+15この素晴らしい世界に祝福を!
12+18井伊直虎
13+23117佐藤大輔
14+115東日本大震災
15+4876そして誰もいなくなった
160幼女戦記
17+14ウィキペディア
18+9362017 ワールド・ベースボール・クラシック
19+9高橋一生
20+16べっぴんさん
21+216日本会議
22+25849LEADERS リーダーズ
23+329教育ニ関スル勅語
24+413月のライオン
25+1160堀北真希
26-17ブルゾンちえみ
27+11小林さんちのメイドラゴン
28+11206千賀滉大
29+24934山本裕典
30+3083渡哲也
31+261トヨタ自動車
32+44022鴻池祥肇
33+9ソードアート・オンライン
34+12おんな城主 直虎
35+14960聖パトリックの祝日
36+115永野芽郁
37+56安倍晋三
38+36NARUTO -ナルト-の登場人物
39+62304レギンス
40+56小野道好
41++秋田中央交通線
42+36ニーア オートマタ
43+11146ザ・スパイダース
44+23井伊直親
45+17徳川家康
46+18井伊直政
47+1乃木坂46
48+271稀勢の里寛
49+1557葵わかな
50+48築山殿
51+25NHKのアナウンサー一覧
52+13966豊田喜一郎
53+2055アナと雪の女王
54+4172松岡修造
55+14410小林誠司
56+353攻殻機動隊
57+2865かが (護衛艦)
58-6政宗くんのリベンジ
59++津雲むつみ
60+84満島ひかり
61+10268ともさかりえ
62+47カルテット (2017年のテレビドラマ)
63+527筒香嘉智
64+172X JAPAN
65-4クズの本懐
66+6ガヴリールドロップアウト
67+74ラ・ラ・ランド
68+9443高安晃
69+18吉岡里帆
70-11宇宙戦隊キュウレンジャー
71+390中条あやみ
72+6385プエルトリコ
73+38織田信長
74+97雛祭り
75+26仮面ライダーエグゼイド
76+614浜渦武生
77+451シン・ゴジラ
78+50女性器
79-32相棒
80+173芳根京子
81-12星野源
82+92284ホーリー祭
83+727いずも型護衛艦
84+16日本
85+12227ウラディミール・バレンティン
86+16846堀江メール問題
87+305賀来賢人
88+5590ソニン (タレント)
89+44ACCA13区監察課
90+133進撃の巨人
91+4NHK放送センター
92+655アキラ100%
93+39762013 ワールド・ベースボール・クラシック
94-44アメリカ合衆国
95+50Re:ゼロから始める異世界生活
96+64広瀬すず
97-5キラキラ☆プリキュアアラモード
98+102サウジアラビア
990銀魂の登場人物一覧
100+8523セウォル号沈没事故
1-100 | 101-200 | 201-300 > >>

Statystyka jakości

WikiRank

Projekt jest przeznaczony do automatycznej względnej oceny artykułów w różnych wersjach językowych Wikipedii. Obecnie WikiRank pozwala porównywać ponad 40 mln artykułów Wikipedii w 55 językach. Wskaźniki jakości artykułu są oparte na kopii zapasowej Wikipedia (stan na czerwiec 2020). Przy obliczaniu popularności uwzględniono statystyki artykułów za ostatni miesiąc (w marcu 2017 roku). Przy obliczaniu aktualnej popularności oraz Zainteresowania Autorów (ZA) artykułów uwzględniono dane z marca 2020 roku. Dla wartości historycznych polularności oraz ZA zostały wykorzystane dane z lat 2002-2020... Więcej informacji