Najpopularniejsze w japońskiej Wikipedii w lutym 2009 roku

WikiRank.net
wer. 1.01
# Zmiany Nazwa Popularność
10ウィキ
20サーチ
3+6015中川昭一
40メイちゃんの執事
5+220世紀少年
60ウィキペディア
7+19水嶋ヒロ
8+3機動戦士ガンダム00
9+14399スマイリーキクチ
10-7直江兼続
11+1オードリー (お笑いコンビ)
12+9ONE PIECE
13+3銀魂の登場人物一覧
14+3NARUTO -ナルト-の登場人物
15+120仮面ライダーディケイド
16+309大沢あかね
17+6銭ゲバ
18+9とらドラ!
19+26UNICORN
20+30涼宮ハルヒシリーズ
21+36アメリカ合衆国
22+287バレンタインデー
23+487恵方巻
24+743スター・ウォーズ登場人物一覧
25+43CLANNAD (ゲーム)
26+1155本木雅弘
27+10707炎上 (ネット用語)
28+4とある魔術の禁書目録
29+18銀魂
30+8性行為
31+11BLEACH
32+173節分
33+4565夏川結衣
34+2358白洲次郎
35+4新世紀エヴァンゲリオン
36-12上杉謙信
370メインページ (携帯版)
38+11宮崎あおい
39+7オナニー
40+14226中川一郎
41+26佐藤健 (俳優)
42+6ひぐらしのなく頃に
43-24Axis powers ヘタリア
44+7とある魔術の禁書目録の登場人物
45+162仮面ライダークウガ
46+13日本
47+49ドラゴンボール
48-40小向美奈子
49+4430おくりびと
50-45天地人 (NHK大河ドラマ)
51+1889スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
52+2254エル・アンド・ジー
53-35Perfume
54+26BLEACHの登場人物
55+1458スター・ウォーズシリーズ
56+181女子高生コンクリート詰め殺人事件
57+6NARUTO -ナルト-
58+35黒執事
59-26みなみけ
60-17EXILE
61+27海賊 (ONE PIECE)
62+21女性器
63+748劇団ひとり
64+67麻生太郎
65+29ONE PIECEの登場人物一覧
66-51インフルエンザ
67+1860名古屋アベック殺人事件
68+2はんにゃ
69+6801玉置浩二
70+25陰核
71+360高岡蒼佑
72+14AKB48
73+14陰茎
74-5東方Project
75-31交響詩篇エウレカセブン
76+28家庭教師ヒットマンREBORN!
77-16水樹奈々
78+2877R-1ぐらんぷり
79+1359狩野英孝
80-3赤い糸 (小説)
81-23Hey! Say! JUMP
82+1863侍戦隊シンケンジャー
83-47Microsoft Windows 7
84+15釘宮理恵
85-9SMAP
86+21111滝田洋二郎
87-34まりあ†ほりっく
88+42銀魂 (アニメ)
89+27名探偵コナン
90+58KAT-TUN
91-63飯島愛
92-83バラク・オバマ
93+19641中山功太
94-54相棒
95-6ニコニコ動画
96-44鋼殻のレギオス
97+10榮倉奈々
98+85Rio (AV女優)
99+148大韓民国
100+97仮面ライダー電王
1-100 | 101-200 | 201-300 > >>

Statystyka jakości

WikiRank

Projekt jest przeznaczony do automatycznej względnej oceny artykułów w różnych wersjach językowych Wikipedii. Obecnie WikiRank pozwala porównywać ponad 40 mln artykułów Wikipedii w 55 językach. Wskaźniki jakości artykułu są oparte na kopii zapasowej Wikipedia (stan na czerwiec 2020). Przy obliczaniu popularności uwzględniono statystyki artykułów za ostatni miesiąc (w lutym 2009 roku). Przy obliczaniu aktualnej popularności oraz Zainteresowania Autorów (ZA) artykułów uwzględniono dane z marca 2020 roku. Dla wartości historycznych polularności oraz ZA zostały wykorzystane dane z lat 2002-2020... Więcej informacji